吹奏楽部男子の君、無口な後輩女子への接し方で悩んでませんか?

中学の吹奏楽部のパートが、自分と女子の後輩の二人だけ。

 

ただでさえ女子と話すのは緊張するのに、後輩は無口な子で、何を話したらいいかわからない。

 

いつも「何か声かけたほうがいいのかな?」と思っているうちに、練習が終わってしまう…。

吹奏楽部では少数派になることが多い男子部員。

パートでは、男一人となるときもあります。

特に無口な女子の後輩と一緒になると、どうしていいかわからなくなることはないですか?

 

ここでは、女子の後輩と練習するときのポイントを、自身の経験もふまえて紹介します。

話しかけられるならそれに越したことはない

まず、前提として、女子と話すことがそれほど苦でないなら、いろいろ話しかけてあげましょう

 

楽器のことに限らず、クラスや勉強のこと、好きなアーティストのことなど、話題は何でもいいと思います。

 

また逆に、「プライベートな話は苦手だけど、楽器の演奏についてなら話せそう」という人は、ぜひそういう話をたくさんしてあげてください。

一緒に演奏する時間を作ろう

とはいえ、思春期になると、「女子と話すのが苦手・緊張する」と感じる人もいるかもしれません。

 

そんなときは、無理に話そうとしなくてもいいから、ぜひ後輩と一緒に演奏する時間を作ってみてください。

 

勇気がいるけど、「この曲、一緒に吹かない?」とだけ声をかければOK。

吹いた結果に対して無理にアドバイスしなくてもいいし、「こんな風に吹くんだよ」などといいところを見せようとしなくてもいいです。

(もちろん、できるならぜひやってあげてください。)

 

後輩からすると、自分と一緒に吹いてくれるだけでも嬉しかったりするものです。

後輩ができるようになったことは伝えよう

ただ、話すのが苦手でも一つだけ気をつけてほしいことがあります。

 

後輩が新しく何かできるようになったら、「◯◯ができるようになったんだね」と伝えてあげてください。

 

照れくさければ、「すごいね」などとほめる必要は必ずしもありません。

できるようになったという事実を伝えるだけでもいいです。

 

後輩は、自分ができているのかどうなのか、練習したことが正しく身についているのかが不安だったりします。

先輩から「それはできてるね」と客観的に評価してもらえることで、自分がやってきたことに自信を持つことができるからです。

私は後輩を辞めさせかけた

なぜこのようにお伝えするかというと、私は中学のとき、これらのことができなくて後輩の女子を辞めさせかけたからです。

 

悪気があったわけではなく、お互いに無口で内気だったので、何を言っていいかわからなかったんですね。

思春期特有の恥ずかしさがあり、自分の練習で精一杯だったこともあって、ほとんど後輩に声をかけられませんでした。

 

ですがある日、「後輩が部活を辞めたがっている」と同級生から伝えられました。

楽器も上達しないし、一人で練習していてつらい」と言っていた、とのこと。

それで、猛省しました。

 

とはいえ、もともと話すことがそれほど得意ではなかった私。

時間を忘れてしゃべるなどということはできませんでした。

なので、せめて練習だけでもと思い、個人やパートの練習時間に意識的に一緒に吹くようにしました。

 

このことを彼女がどう思っていたか、どれくらい効果があったかはわかりませんが、部活は中学の最後まで続けてくれました。

また、高校でも楽器を続けていることを耳にしたときは、嬉しかったですね。

おわりに

無口な後輩女子との関わり方について書きました。

 

もちろん、楽しく話せたり、バッチリ指導できたりするならばそれに越したことはありません。

自分のケースでも、「今だったらこうできるな」と思うことはいくつもあります。

 

でも、当事者からするとなかなかうまくはいかないもの。

すべての人が饒舌にコミュニケーションできるとも限りません。

 

なので、女子と話すのが苦手な人は最低限、

  • 一緒に吹く機会を設けること
  • できたことを伝えること

だけは、後輩にしてあげてほしいなと思います。