楽器がうまくいかないときは、何かを変えて練習してみる

吹奏楽部の合奏中、顧問の先生に「次の合奏までに、ここできるようにしといて!」と言われた。

 

意気込んで、100回繰り返し練習したものの、次の合奏で「あまり良くなってないな…」と言われてしまった。

 

練習の仕方が悪かったのかな?

もちろん、できないところや苦手なところを繰り返し練習するのは大切です。

しかし、ただ闇雲に繰り返すのではなく、少し立ち止まって考えながら練習すると、上達の速さは段違いです。

楽器でうまくいかない部分を変化させてみる

楽器を練習していてうまくいかない部分があったら、関係しそうなことを何か一つ変化させてみましょう。

 

経験上、次の3つのポイントのどれかを変えることが多いです。

  • テンポ
  • 譜面
  • 音量

具体例

たとえば、速いパッセージで指が追いついていないとき。

 

テンポを徐々に上げていくなど、テンポを変化させる練習は、やっている人も多いかもしれません。

 

それ以外に、楽譜を変化させる練習法も効果的です。

たとえば、こんな譜面をさらうとき、

      

 

付点のリズムで練習したり、

 

音を一つずつ増やしていったりします。

楽器で指の練習をしたいときの3つの練習方法と2つの考え方

 

あるいは、ピアニッシモのソロで音がかすれてしまったり、ハーモニーが揃わなかったりする場合。

 

「小さくする」ということにとらわれすぎて、体が硬くなっていたり、息が充分に出せていなかったりすることがあります。

 

そんなときは、いったん普通の音量で吹いてみて、「こういう響きがするんだな」というのを確認する。

それに慣れてから、少しずつ音量を下げていく。

 

このように、音量を変化させることもあります。

なぜ変化させるの?

できていないからと焦って、同じ部分を同じように繰り返しても、同じ結果にしかなりません。

ましてや、繰り返すことで「できていない状態」を体に覚えこませてしまいます。

 

まずは少し立ち止まって、「何が原因でできていないのか?」を考えて、それを変化させます。

変化させた結果を見てみる

うまくいかない部分を変化させてみたら、次は「それでどうなったかな?」を見てみます。

結果は3パターン

結果は大きく分けて次の3パターンしかありません。

  • よくなる
  • 悪くなる
  • 変わらない(わからない)

 

よくなったら…おめでとうございます!

そこで初めて、「反復練習」で慣れることに意味が出てきます。

 

悪くなっても、落ち込まなくて大丈夫。

そのやり方が合わない、ということがわかったので、別の方法を試してみましょう。

 

変わらない、よくわからないというのが一番難しいですね。

でも基本的には、別の手を考えるのがいいと思います。

ひたすら繰り返すよりも変化させたほうがいい

「何を変えたらいいのか、見当もつかない」という人もいるかもしれません。

「これを変えるのが絶対的な正解!」というものもないので、いろいろ試してみるのがよいと思います。

 

もちろん、改善につながりやすい手とつながりにくい手があるのは確かです。

しかし、大事なのは「何を変えるか」よりも、「変化させてみよう」という考えを持っていることだと思います。

 

また、顧問や外部講師の先生方に意見を聞いてみるのも一つの手です。

可能なら、プロのレッスンを受けてみるのもいいでしょう。

 

いずれにせよ、ただ繰り返し練習するよりも、いろいろと分析して変化を試してみたほうが、長い目で見て早く上達できると思います。

おわりに

楽器を長いことやってきた人は、このような考えが自然と身についている場合も多いです。

何を変えるかという引き出しもたくさん持っていると思います。

楽器を始めてから日の浅い、中高生の方々などの参考になればと思います。