吹奏楽部の部長が辛いあなたへ、考えてみてほしい2つのこと

吹奏楽部の部長をしている。

 

でも、部内で問題ばかり起きる。

 

部員や顧問の先生との関係もあまりよくなくて、部長としての責任だけ負わせられてる気がする。

 

なんだか、部長を続けていくのが辛いなぁ…。

そんな風に思う部長さんはいませんか。

 

同じ部長でも、悩みの内容も、部活の運営方式や顧問の先生との関係も、人それぞれ。

ですから、万人に対して有効なアドバイスは難しいです。

 

ただ、私も高校時代に吹奏楽部で部長をしていました。

そのときの経験をもとに考えると、

  • 「どうすべき」より「どうしたい」を考える
  • 部活への愛着はあるか?

がポイントかと思います。

辛いときには「どうしたい?」

「部長が辛い」と思っているくらいなので、あなたの部活ではいろいろな問題が起こってるのでしょうね。

それに対して、「部長としてこう対応すべき」「解決するにはどうすべきか」と考えていませんか。

 

そういう考え方ももちろん大切。

でも、もしそれでしんどいなら、「音楽を楽しむために、私はどうしたい?」と考えてみるのはどうでしょう。

 

吹奏楽部は本来、音楽を楽しむために所属するもの。

義務ではないからです(うちの学校は部活に所属しなければならないんです、とかそういうことではなくてね)。

 

部長である前にあなたも一人の部員。

あなたが音楽をする楽しみも保証されています

 

それに、「自分だってこうしたいけど、部員のために我慢しないと…」などと周りのことを考えられるあなたなら、少しわがままになるくらいがちょうどいいのかも。

 

一度、「自分はどうしたいか」を考えて、試しにそれを貫いてみませんか?

部長が辛くて辞めたいとき

もし、どうしたいかを考えたときに、「もう問題とかどうでもいいから、この部活や部員たちから離れたい、辞めたい…。」

そう思うなら、辞めるかどうかは別として、一度休むなどして離れてみるのもありだと思います。

 

というのも、組織のリーダーが健全に活動していくためには、その組織への「愛着」が必要だと考えるからです。

 

たとえば、リーダーに必要な要素といわれる「責任感」。

その組織に愛着があって、「よりよくしたい」「みんなに楽しく活動してもらいたい」と思うから、責任を持ってリーダーの仕事に取り組めます。

 

それが、「部長だから責任をとらなければ」「周りが責任とれって言うから」という「義務感」ベースになると、どんどん辛くなってしまいます。

 

もちろん、部活の中には苦手な人もいるだろうし、すべての人とうまくいくことはありません。

でも、全体としてその部活に愛着があるか、部活の一員であることに違和感がないかは、結構大きいポイントだと思うのです。

 

自分の高校時代を思い返すと、もともと入ったときからいい部活だなーと思っていたんですね。

詳しくは書けませんが、演奏会の運用方法とか、取り上げる曲にこだわりがあったりして。

部長になるときも、「部員がここでより楽しく活動できるために尽力したい」と考えていました。

だから、いろいろな問題も起きたし、苦手な人も突っかかってくる人もいたけど、最後までやってこられたんだと思います。

 

その組織に愛着があるのなら、もう少しトライしてみてはいかがでしょう。

逆に、

  • あまりに問題が大きくて手がつけられる感じがしない
  • 部長であることで部員からいじめのような扱いを受けている
  • 部活がどうしても好きになれない

なら、一度離れてみてもいいかもしれません。

音楽を楽しめる場所はその部活だけではないからです。

 

なお、部活に対して愛着が持てないことについて、自分を責める必要もありません

組織との相性は絶対にあるものですからね。

おわりに

吹奏楽部の部長が辛いあなたに向けて書きました。

 

もちろん、最後まで続けられるならそれに越したことはありません。

でも、部長であるがために音楽や吹奏楽が嫌いになりそうなら、離れてもいいということ。

音楽ができる場所はその部活だけではないこと。

これらを頭に入れながら、「どうすべきか」とともに「どうしたいか」にも従ってみてはいかがでしょうか。