アマチュアオーケストラの選曲に役立つ「管楽器編成表」「IMSLP」

オーケストラの選曲をはじめて担当することになった。

 

聴いてて好きな曲はたくさんあるけど、いざ演奏するとなると、曲を決めるのは大変…。

オーケストラで演奏する曲を選ぶ際には、演奏者の希望に加えて、編成、演奏時間、難易度などの情報も必要になってきますよね。

 

今回は、私もオーケストラ在籍時に実際に活用していた、選曲で使えるサイトを2つ紹介します。

Tutti 管弦楽編成表

管楽器曲の編成や演奏時間を調べるなら、このサイト。

参考 Tutti 管楽器編成表

アマチュアオーケストラの選曲に使用することを目的として、インターネット上のボランティアグループ「Tutti」により作成されました。

ある曲の編成を調べたいとき

サイト中段の「編成表の検索」をクリックします。

このような画面が出てきます。

調べたい曲の種類を選択します。

ここでは「交響曲」をクリックします。

目的とする作曲家を選択して、曲を探します。

編成や演奏時間から曲を絞り込みたいとき

  • トロンボーン・チューバのある曲がいい
  • コントラファゴットのある曲は厳しい
  • 演奏会のメインなので30分以上の曲がいい

など、条件で曲を絞り込みたいときもありますよね。

 

その場合は、「編成表の検索」から「条件指定による検索」を選びます。

次のような画面が出てきます。

  • トロンボーン・チューバのある曲を探す場合は「Tb」に「3」、「Tuba」に「1」
  • コントラファゴットのある曲を除きたい場合は「Cfg」に「0」
  • 30分以上の曲を探す場合は「演奏時間」に「>30」

をそれぞれ入力し、「検索開始」をクリックします。

 

詳しい入力方法は、サイト内の「抽出条件の書き方はこちら」をご参照ください。

 

一つ目の検索条件(Tb3、Tuba1)の場合は、次のような検索結果が出てきます。

ただし、残念ながら、これでは条件に当てはまる曲をすべて網羅できていません

条件検索のページに但し書きがありますが、最大で100件しか検索結果を表示できないためです。

 

このため、演奏時間や他の楽器編成も条件に加えて、曲を絞りこみます。

 

また、オーケストラの曲にある程度詳しい方は、トップページの下段にある「データの取得」から一覧のPDFを入手して探していくのもいいかもしれません。

ペトルッチ楽譜ライブラリー/IMSLP

候補となる曲が見つかったら、それがどんな譜面なのか、実際に演奏可能なレベルなのかを知りたいですよね。

そんなときに使えるのが、この「IMSLP」です。

参考 ペトルッチ楽譜ライブラリー IMSLP

 

無料で使える楽譜や音源の図書館を作ろうという、インターネット上のプロジェクトです。

死後50年以上経った作曲者の楽譜や音源が、無料で公開されています。

楽譜の検索方法

例として、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」を調べてみます。

画面の中央、または右上の「Search」ウインドウに、「Beethoven symphony 5」と入力します。

 なお、「ベートーヴェン 交響曲第5番」と入力しても同じような検索結果が出てきました。

ただ、すべての曲で調べたわけではないので、可能な限り英語で検索するのがよいでしょう。

 

検索画面が現れます。

該当する検索結果を選択します。

楽譜を表示する方法

まず、上部に「演奏」が出てきます。

音源がある場合は「Recording」で聴くこともできます。

下に少しスクロールすると、「楽譜」があります。

「Score」ではスコアを、「Part」ではパート譜を見ることができます(全パート揃っていないことがあります)。

楽譜を表示する方法は二種類あります。

1:「View」をクリックします。

すると、次の写真のように、ページ内で楽譜をそのまま見ることができます。

2:見たい楽譜の下矢印をクリックすると、楽譜のダウンロードページに移動します。

画面上部に「15秒後にダウンロードが再開します」と出るので、15秒間待ちます。

15秒経つと、「ダウンロードを再開するにはこちらをクリックしてください」と表示されます。

こちらをクリックすると、楽譜がPDFファイルでダウンロードできます。

譜面をパッと確認したい場合は、早く表示される1. の方法がオススメです。

一方、譜面を印刷や保存したい場合は、少し時間はかかりますが2. の方法で取得します。

おわりに

オーケストラ曲や編成や演奏時間を調べられるサイトとして、「管楽器編成表」と「IMSLP」を紹介しました。

 

はじめて選曲に携わる方のお役に立てば幸いです。