チューバのレッスンがオンラインで受けられる!?「テューバ・ラボ」

部活でチューバを吹いているけれども、外部講師のレッスンを受ける機会は一年に一度だけ。

 

トランペットなんかは音楽教室でもレッスンしてるけど、チューバじゃなかなか難しい。

 

かといって、プロのレッスンを受けにいくのも敷居が高いなぁ…。

私も中高生のころはそうでしたが、チューバのレッスンを受ける機会って本当に少ないですよね。

でも、そんな環境の中でももっとうまくなりたい、いい音を出したい、という人のために、とっておきのコンテンツを紹介します。

藤田英大氏のYouTube「テューバ・ラボ」

藤田英大氏は、現在シンガポール交響楽団の首席チューバ奏者を務めておられる、日本を代表するチューバ奏者です。

そんな藤田氏が、2018年の3月よりYouTubeで投稿を開始したのが「テューバ・ラボ」です。

 

こちらからご覧になれます。

藤田英大氏「テューバラボ」

「テューバ・ラボ」の3つの特長

練習方法が満載、注意点もわかりやすい

この「テューバ・ラボ」、

  • 「低音」「呼吸法」など特定のポイントに絞った練習
  • チューバの定番エチュードの練習方法
  • 2018年コンクール曲のチューバパート解説
  • 視聴者からの質問回答

など、内容は盛りだくさんです。

 

どの回でも、練習を進めるためのいろいろなアイデアが紹介されています。

練習するときに注意する点も、ポイントを絞りながらわかりやすく解説されています。

 

また、藤田氏が実際に吹いて見せてくれますので、自分で練習を進める上でも参考になります。

演奏を聴きながら一緒に吹くことも良い練習になります。

 

個人的には、「テューバ・ラボ」開始当初の

  • 「低音の強化」
  • 「唇の柔軟性の強化」
  • 「呼吸法の練習」

この3レッスンに取り組むだけでも、低音域が拡張し、音質がよくなりました。

プロの生音に近い音を聴ける

プロの奏者にレッスンを受けるとき。

奏法や表現を詳しく解説してもらうこともためになりますが、実際に吹いている音を聴くことが一番勉強になったりします。

 

「テューバ・ラボ」では、プロのチューバの音(しかも、他の楽器のないチューバだけの音)が無料で聴けるんですね。

 

もちろん、音を聴くだけでうまくなれるわけではありません。

「どうやったらあの音に近づけるだろう?」と試行錯誤することで実力がついてきます。

そうやって目指す音ができると、上達はぐんと早くなります。

 

さらに、この「テューバ・ラボ」、一部の投稿では「バイノーラル録音」を採用しています。

(※現在は使用されていません。)

実際にその場に居合わせたような臨場感で、音が聴こえるのだそう。

 

チューバの音はCDなどではまろやかで柔らかく聞こえますが、舞台の上では意外とはっきり発音しています。

ホールではそれでちょうどよく聴こえることも多いです。

そんな実際の演奏環境に近い音を聴くことができます。

自分のペースで進められる

レッスンに行って、

「先生とあまり相性が合わないな」

「怖いな」

などと思ったことはないでしょうか?

 

でも、対面のレッスンでは、先生を変えたいとなかなか言い出しづらいですよね。

 

一方、この「テューバ・ラボ」はネット上のコンテンツなので、自分の好きなときに好きなペースで視聴できます

万が一、内容が自分に合わないな、怖いなと思っても(全然怖くない方ですが)、視聴をやめればよいこと。

 

また、対面レッスンで過去の内容を復習しようと思うと録音する必要がありますが、この動画は当然何回も見返すことができます。

 

このように、ネット上のコンテンツだからこそのメリットもたくさんあります。

おわりに

藤田英大氏の「テューバ・ラボ」を紹介しました。

 

もちろん、レッスンを直接受けられれば、それに越したことはないでしょう。

藤田氏も動画のコメントで、「対面レッスンでは、もっと各人に合ったアドバイスや音楽的な話をたくさんしている」とおっしゃっていました。

 

しかし、レッスンを受けることが難しい方、レッスンの敷居が高いと感じている方には、とてもよいコンテンツだと思います。

 

また、藤田氏は書籍の「テューバ・ラボ」も出版しています。

 

 

YouTubeと合わせて、ぜひ参考にしてみてください。