【動画あり】オーケストラでのチューバとトロンボーンの響きは必聴

これまで吹奏楽でチューバを吹いていたけど、今度オーケストラで吹くことになった。

 

吹奏楽と違うところとか、工夫するとよいところはあるんだろうか?

吹奏楽では、チューバはユーフォニアムや木管低音などと同じグループに属します。

一方、オーケストラではトロンボーンと一緒に金管低音として見なされることが多いです。

このトロンボーンとチューバとで織りなす響きがとても美しくて素敵なので、こちらで紹介します。

実際にオーケストラで演奏する方にも、よいお手本の一つになるのではと思います。

「low brass excerpts」と検索してみよう

YouTubeで「low brass excerpts」と検索してみます。

すると、ホール全面を使ってトロンボーンとチューバが演奏しているサムネイルがいくつか現れます。

こんな感じですね。

 

 

SouthEast Trombone Symposium」という、トロンボーン奏者のためのシンポジウムで演奏されたものです。

アメリカ・ジョージア州、コロンバス州立大学で毎年一回開催されています。

 

演奏は、Atlanta Symphony Orchestraのトロンボーン・チューバセクション。

トロンボーンのシンポジウムですが、チューバも演奏に加わっています。

 

アマチュアのオーケストラでも比較的よく取りあげられる曲を、いくつか挙げてみます。

ブラームス「交響曲第2番」

ブラームスの交響曲で唯一チューバがある、第2番。

 

「トロンボーンとチューバが合わさると、こんなに響きがあって重厚なサウンドがするよ」というお手本のような演奏です。

特に1:39~の第4楽章は快活で、聴いていても演奏しても楽しいです。

ショスタコーヴィチ「交響曲第5番」

こちらは、ブラームスのように和声を美しく聴かせる曲ではなく、金管低音のユニゾンの強烈さが際立っています。

 

かなりの音量・音圧で吹いていますが、決して音が割れたり汚くなったりしてはいません(プロなので当たり前ですが…)。

こんなフォルテを出せるようになりたいものです。

ヒンデミット「ウェーバーの主題による交響的変容」

ハーモニーの美しさと巧みなテクニックが楽しめます。

1:36~と3:24~のハーモニーは一聴の価値あり。

 

ヒンデミットの楽譜は、トロンボーン・チューバが鳴りやすいように書かれている気がします。

チューバ的にも吹いていて楽しく、吹きごたえのある曲が多いです。

いろいろな団体を聴き比べよう

上で紹介したtrombone Symposiumほど多くはありませんが、他にもトロンボーン・チューバでの演奏がいくつかアップされています。

 

たとえば、このチャイコフスキーの交響曲6番(悲愴)とか。

ロンドン交響楽団のブルックナー交響曲第8番とか。

色々な団体の演奏を聴き比べてみてくださいね。

おわりに

「low brass excerpts」で検索して出てくる曲の中には、かつて私が演奏したことのある曲も結構あります。

 

これらのYouTubeを見たときに、

「動画がもう少し早く投稿されていれば、参考にできたのに…」

「この演奏を目標としてパートで共有したら、良いひな形ができるかも」

と思い、今回ご紹介しました。

 

今後、アマオケで同じような曲を演奏する際に、トロンボーン・チューバパートの参考になれば幸いです。

また、それ以外のパートの方にも、オーケストラのトロンボーン・チューバのサウンドを楽しんでいただければと思います。